驚き!トランクルームのこんな活用法

トランクルームの使い方いろいろ

トランクルームとは、物置として使うことのできるスペースのことです。誰でもレンタルして使うことができます。
トランクルームの活用方法はさまざまあります。
企業が使わないが捨てるわけにはいかない昔の商品サンプルや資料を保管するのに使うことがあります。おもちゃ会社が年代物の昔のおもちゃを保管していたり、特撮映画の製作会社がもう登場することのない怪獣の着ぐるみ・模型を眠らせていたりすることもあるのです。
また、画家が描いた絵や画材・道具を保管するのに使ったり、トランクルームそのものをアトリエとして使ったりといったこともあります。
引っ越しの時に、一時的に家具や電化製品を保管するために使うこともできます。
短期間だけ借りるか長期的に借りるかでも使い方は変わってきます。

自分だけの秘密基地として

また、コレクターが、集めた趣味のアイテムを家に置ききれずに、保存場所として使うという活用方法もあります。めったに読み返さないが捨てたくない漫画や書籍を置いておくのにも最適です。
一軒家なら家に倉庫がある場合も多いですが、アパート暮らしだと専用の倉庫はありません。そんなときに、バーベキュー道具やパラソルといった場所をとるアウトドア用品を置くこともできます。
自分で好きな時に開け閉めができるトランクルームなら、毎日使うものを預けておいても安心です。トランクとついてるものの、中は普通の家のようにフローリングが敷かれていて快適な空間の場所もあります。物を預けるだけではなく、秘密基地として活用するのも難しくありません。